2010年07月31日

ラーメン的鍼文化


日本で使われる鍼は、細いものが多いです。

それに比べて、中国では日本の鍼より太い物が多いです。


実際に中国には行ったことがありませんが、

市販の鍼も<中国針・チュウゴクバリ>というのは、

日本のものより、大体、太め、長め、刺激も強め、です。

鍼というツールだけでも、日本と中国で違います。


鍼灸の源流は中国だ!東洋医学バンザイ!!と言いながら

ワタシは中国には行ったことがありません(苦笑

そのような、鍼灸師は意外と多いと思います。


でも、日本に鍼灸は存在しています。

日本独自のカタチを採りながら、、とかものの本には書いてありますが、


ワタシが思うに

鍼の文化は、ラーメンみたいなもんだと思います。

源流は中国、

しかし、日本においては、もはやオリジナルです。


ラーメンの本場は中国だ!ギョーザの本場は中国だ!

と、喜び勇んで中国の現地でラーメン・ギョウザを注文すると

日本で思い描いていたものと違うものが出てくる、と聞いた事があります。

ラーメンのスープも違えば、ギョウザは水餃子が主流。


実際、現地に行ったことがないので、これ以上は知りませんが、

鍼にしても、ラーメンにしても、根っこは同じ所<中国>にありますが

花開く場所で、カタチがビミョーに違っていて(鍼の太さや刺激・ラーメンの味の事ね)

それでも、それぞれの地で受け入れられ、そのようなものとして存在している。


どちらが本物、とかではなく、どちらも本物なんです。


文化・土壌が違えば出来上がってくるもの、受け入れられるものが違うと言うのは

ラーメンも鍼も同じ様な気がします。



余談ですが、師弟制度や<のれんわけ>的な風潮が存在するのも

また、鍼とラーメンが似ている点でもあるように思います(笑



mei

posted by いんちょ at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 鍼について

2010年07月30日

当たり前なんだが


朝、目が覚めて

カラダを動かし、活動でき

飯をおいしく頂け

眠くなり、眠る。


当たり前のことが出来るヨロコビ。


ちゃんとすっきり目が覚めて

違和感なくカラダが動かせて

食事がちゃんと食べれて

よく眠る。たまにクソも出る。


ちゃんと出来てますか?

たかがこれだけ、されどこれだけ。


いんちょ

posted by いんちょ at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

2010年07月29日

お気楽なやつ


気楽にいきましょう!とよく言います。

ワタシ自身、たまに言われたりもします。

でもでも、

なかなか考え込んでいるときは

パチッと切り替えられません。

たまに、考え込むことが趣味のようになっている人も見受けられます(笑


考えて、考えて、悩んで悩んで、

でも答えが出ないことなんてたくさんあります。

そんな時は、ちょびっと諦めてみる(笑

気持ちが切り替わって、楽になるかもしれません。


あと、考え込んでいると、当然のように、、、、

ほらほら、姿勢がうつむいていますよ!!

目線が下がり、姿勢は前かがみ・・


上を向いて見ましょうよ。

諦めることや、引いてみることもたまには必要です。

答えの出ないことなんて、よくあることです。


なかなか

気楽にやるのも、楽じゃないですよね(笑


mei

posted by いんちょ at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康