2018年07月03日

何が真なるかはわからんもので


肋骨痛めた件は、ほぼ回復してますが、

そういう記事を書きながら、ちょいと思いついた事でも書いときます。


今回は、女王さまにこちらからお願いして踏んでもらってます。

痛めた原因は不明です。

ワタシの自己責任です。誰のせいでもありません。


が、消費者庁や厚労省からお知らせ、注意喚起などがたまに出て、

それが新聞記事などにもなりますが、

無資格者や無免許者による手技での施術においての事故などは、

毎年、消費者庁などに相談がそれなりの件数、寄せられているようです。
 ←消費者庁のpdfファイルのリンク。


ワタシがこの記事で書きたいのは、資格の有無や法的な線引きやその是非についてではなくて、

一人の患者として、なにが大事かを考えてみるということです。


施術者の免許の有無や、手技療法全般における資格、免許の現状などは、

ある程度、受ける側は知っておいて欲しいなぁとは思います。

もちろん、こちら側の業界からの情報発信もまだまだ足りてなかったり、

ビジネスとしての在り方や、その内情とかも、一般の被施術者はなかなか知りえないかも知れません。

そういった話は、切り口がいろいろあるとは思います。

法的な制限のあるナシ、広告の制限のあるナシ。

問題は複雑デス。

消費者庁の注意文書を上記にリンクしてます、

pdfの6ページ目、4-2で書いてあるように、

統合医療は玉石混交なのです。



これは、有資格者にも言えることで、

無資格者だけでなく、免許保有者、いわゆる有資格者の施術でも事故は起きています。

こういった情報は、知っておいて損はないです。

軽い気持ちのリラクゼーションでも、カラダを触るというのは、

それなりのリスクが伴います。

リラクゼーションサロンにおいて、お客側が、ここが痛いから治してほしい!

的な話をしているのも現場でよくあることです。

それは、リラクゼーションサロンの業務から外れているので、

お客側の知識不足です。が、現状はリラクゼーション施術者も、

これは○○(疾患名)です。なんて診断しちゃったり、いろいろギリギリアウトデス。

でもそれは、双方の知識、認識不足が原因だと思います。

なので、情報はしっかり収集しましょう。

わからないことは、質問しましょう。



が、それはひとまず置いておいて、

イチ患者からして、よい施術者ってなんですかね?

信頼できる。

安心できる。

腕がいい。

などなど、、受ける人が100人いたら、正解はそれぞれにあるんだと思います。

それこそ、何が正解なんだか、わからない。。

でも、アナタにとって、イイナって思える施術者に出会えることはラッキーかもしれません。

大げさですが、星の数ほど、施術者は居ます。

そして、そういう人に出会っても、鵜呑みにしない。

疑ってみる。っていうのも大事だと思います。

もちろん、疑ってばっかりだと、どうにもならないですけど。。

難しいものですねぇ。


なので、イチ患者としては、自分の事を他人任せにしない、というのが大事かな。

自分の大事なカラダを預けるわけですから、

自分に必要な情報は自分で集めましょう。

情報に惑わされないようにしましょう。

リンクの最後のページに厚労省から、情報の見極め方っていうのも参考に載ってます。

これは大切デス。


ワタシもイチ施術者として、気をつけて行かねばなりません。


----------------------------


はっ?!

店がヒマなのは、、、世間から不合格の烙印を、、、


あぁ、考えるまい。

しかし、真面目に記事を書こうとすると、完全にバカがばれますねぇ。。

結果、店がヒマなのか。。。

あぁ、ブログが書ける幸せ。。。


有名プロスポーツ選手が来て、

有名芸能人が来て、

3年先まで予約がいっぱいで、、、、


なんてしゃらくせぇ!!クソくらえだぃ!!!

そう思ってるから、こうなってるのか。。


あ、ちなみに、みなさん大好きスピリチュアルの世界なんかは、

玉石混交どころじゃなくて、もっとカオスです。

それこそ、しっかり疑ってかかりましょう。



自分のカラダと健康は、自分で求めて、自分で創る。

そういうスタンス大事です。

施術者が出来るのは、ほんの少しのお手伝い。

それすら、出来てるのかどうか、、だと、ワタシは考えてます。

え?卑屈だって?いやいや、生命の不思議を前に、無力なのです。。

なので、日々精進の旗の下で、今日も。。昼寝。。。

女王様に叱られるしか、救いは無いかも。。あはは。。

もっと鋭く研いでいかねば。。


posted by いんちょ at 12:30| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。